2019年11月19日火曜日

『宇田明彦の作画入門講座(原画の作法編)』2019年12月15日に開催決定!

現場で働くアニメーターの皆様、おつかれさまです!
今回のあにれく講座は【原画】を担当するあなたに、是非受講していただきたい!

「レイアウトを上げたけど、なかなか帰ってこない」
「タップの位置や紙のサイズ、タイムシートの記載が頻繁に修正される」
「演出の修正指示がやたら乗ってくる」
「演出と相性が悪いのかな?」

なんて思ったことありませんか?
もしかしたらそれは、あなたの【原画の作法】が間違っているからかもしれません。

実は、原画の書き方、素材のまとめ方次第で演出や作画監督のチェックが早まったり遅れたりするんです。
それは「素材が見やすいか、見やすくないか」。つまり【チェックするのが面倒臭そうな原画】は後回しにされる場合が往々にしてあるからなのです。

今回はそんな【先にチェックする気になる原画の作法】を演出、作画監督の観点からわかりやすく解説します。現場では当たり前すぎて、先輩や同僚に尋ねるのもはばかれる……でも、確かに存在する暗黙のルール。よくわかっていないものやあまり使う機会が無いもの、現場に入ならければ出会わないものなどを製造業的な観点からまとめてみました。


講師はあにれくの講座では初めてとなる、宇田明彦氏。現役で原画、作画監督、コンテ、演出を務める宇田氏に、実際に現場で体得してきた【暗黙知】を伝授していただきます。演出や作画監督がどういう【素材】を求めているのかをしっかり勉強して、大いに仕事に役立てましょう!

もちろん、原画だけではなく動画にも反映出来る部分も多いので、現役でなくともこれから業界を目指す方、動画の方、動画だけどこれから原画に上がる予定の方、実際に素材を動かす制作進行の方なども大歓迎!是非とも奮ってご参加ください!

申し込みフォーム
http://tram-net.sakura.ne.jp/anilec/20191215/entry.php
QRコード
https://www.dropbox.com/s/6oz8yht81f6wtrt/20191215.png?dl=0




概要:『宇田明彦の作画入門講座(原画の作法編)』

○日時/2019年 12月15日(日) 12時受付開始
12時30分 から講座スタート 15時30分 頃終了予定
(講座終了後に16:30まで交流会があります


○場所/東京工芸大学中野キャンパス 2号館2階2201教室(中講義室)
〒164ー8678 東京都中野区本町2-9-5
地下鉄/東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線―中野坂上駅下車 徒歩約7分
1番出口より山手通りを初台・大橋方向に進み、成願寺を右折
(バイク、自動車、自転車等、停める場所は確保しておりませんの
 お手数ですが公共交通機関をご利用くださいませ)

中野キャンパス||東京工芸大学


○受講料/一般:¥2,000