2017年1月22日日曜日

名作アニメの舞台裏 第1回【フランダースの犬】(再募集)


今回から始まる「名作アニメの舞台裏」は、これまで日本のテレビ史を彩ってきた数々の名作アニメを取り上げて、その制作の舞台裏で作り手達は何を考え、どんな思いを込めて作品を視聴者に送り届けようと努力してきたのかをご紹介することで、これまであまり光が当てられることが多くなかったアニメーション制作者たちの仕事ぶりに注目し、知って頂きたいと考えて企画したイベントです。

第1回目に取り上げるのは「フランダースの犬」。1975年1月15日~12月28日に、「世界名作劇場」シリーズの第1作としてフジテレビ系列で放送された作品です。シリーズ全52話の内、今回は第51話「二千フランの金貨」と第52話(最終話)「天使たちの絵」をハイビジョン映像でスクリーン上映し、シリーズ監督の黒田昌郎さん、絵コンテの奥田誠治さんに、制作の舞台裏についてお話し頂きます。


PDF版のチラシはこちらをクリック
https://drive.google.com/file/d/0B6skPVtqe4Erd2lGSHB3eENVR28/view?usp=sharing



※本企画は「名作アニメの舞台裏」と題していますが、それは「世界名作劇場」シリーズのみを取り上げるという意味ではありません。今後も主に人気テレビシリーズの中から作品を選出し、その中の代表的な話数を1話~2話分ノーカットで上映。その前後に当時のメインスタッフ2~3名によるトークイベントを行い、その作品制作の舞台裏について語って頂こうと考えています。

この講座は無事開催終了いたしました、ありがとうございます。

●日時/平成29年3月26日(日)
           13:30~16:00(受付開始は13:00)

●場所/東京工芸大学中野キャンパス
             2号館地下1階マイブリッジ・シアター
             〒164-8678 東京都中野区本町 2-9-5
             地下鉄/東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線
             「中野坂上」駅下車 徒歩約7分
             1番出口より山手通りを初台・大橋方面に進み、成願寺を右折

            http://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/#nakano

●参加料/2,000円

2017年1月16日月曜日

第3回 神志那弘志の実践パーツ講座【足編】 アフターレポート

2017年1月9日(月)に「神志那弘志の実践パーツ講座」の第3回、【足編】が行われました。

【手編】【腕編】に続いて、今回は足首から先のパーツ【足】にスポットを当てた講座です。朝から小雨がパラつく、あいにくの天気となりましたが、受付開始時間前から受講者が来場し始め、会場の東京工芸大学中野キャンパス2号館の席はどんどん埋まっていきました。年明けすぐの祝日ということもあり、参加者数が懸念されましたが、多くの受講者に集まっていただけました。


最初に、司会を務める声優の鳴海真奈美さんから、受講時の諸注意および施設の
案内などのアナウンスがありました。続いて「あにれく」代表として奥田誠治氏が挨拶、講座の狙いや意義などの説明があった後、講師の神志那弘志氏が登壇し、開講となりました。美術解剖図を見ながら、構造を理解し人体のパーツを書くことの重要性について語る、神志那氏。



受講生に配布されたテキストには、様々な角度から見た【足】の骨格、筋肉の構造図が掲載されています。神志那氏は書画カメラで実際に絵を描きながら、【足】を描く上でポイントとなる点を丁寧に解説していきました。受講生も同じく、実際に描きながら聴講します。耳で聞いただけ、目で見ただけでは、なかなか描く上でのポイントは分かりづらいもの。



「描く」ことで手に覚えさせながら理解を深められるのが、この「実践パーツ講座」の醍醐味ではないでしょうか。骨の付き方や重心の位置、肉の盛り上がり方など、少し気をつけて描くだけで格段に【足】が上手くなるコツが、様々な角度の【足】を描くことによって伝えられていきます。



受講者は皆、黙々と筆を動かして、いくつもの【足】を描いていきました。「くるぶし」にあたる骨が膝から垂直に降りて来ていないので、重心が内側に掛かること。それにより、親指の付け根の辺りに重心が来ることなど、次回開催予定の【脚編】につながるポイントなどにも少し触れつつ、一通りの角度を描き終えたところで、今度は履き物を履いた【足】を描くことに。実際にアニメの現場で素足を描くケースは少なく、靴を履いている状態が大半なので、そういった意味でも「実践」です。

ローファー、スニーカー、ハイヒールと素材の厚み、ヒールの高さが違う靴を履いた状態の足を描いていきます。「中に入っている【足】さえ描ければ、その上に乗せるだけで簡単に描ける」と神志那氏。さらには、その【足】に掛かったズボンの裾を描く際のポイントもレクチャー。スラックスとジーンズの、生地に因るしわの寄り方の違いなどを解説して、今回の講座は終了となりました。



閉講後の恒例となった親睦会では、自由参加にもかかわらず、ほとんどの受講者に参加していただきました。受講後の皆様の表情を拝見し、今回の講座も満足していただけたものと、ホッと
胸をなで下ろすスタッフ一同。終わって会場の外に出ると、開始前の雨雲はどこへやら、雲一つない薄暮の空に白く輝く月が浮かんでいました。

改めて、受講していただいた皆様に、スタッフ一同より御礼を申し上げます。
ありがとうございます。

2017年1月5日木曜日

[あにれくのあぶく] 「植木金矢」展を見る

1219()「植木金矢」展を見る

江古田の喫茶店ぶなへ行き「植木金矢」展を見る。凄い!!!
中野からのバスはAnkamaで通い慣れた道を新井薬師を通ってゆく。「走馬燈」?このところこんな感じが多い。江古田駅に着いて迷いながらiPhoneをたよりに行く。旧ライブへの道もあり、懐かしい。商店街を行くと古めかしいパン屋がある。娘がマーガリンとイチゴジャムを塗ったコッペパンに興味を引かれる。(山崎パンの出来合いのものではない)帰りに買おうと約束して路地に入る。住宅地の中、こんな所に、小洒落たビル?の地階に「ぶな」は有った。


2016年12月23日金曜日

[あにれくのあぶく] 小田部羊一と『母をたずねて三千里』展へ行く  奥田誠治

12月1日(木)
小田部羊一と『母をたずねて三千里』展へ行く  奥田誠治

 日が暮れた四谷駅からタクシーで会場のイタリア文化会館へ向かう。
久しぶりに小田部さんに会えるのでワクワクしていた。娘も同行する。娘は小さい頃から奥様の奥山さんにも可愛がってもらっていた。

 行ってみて驚いた。懐かしい顔ぶればかりだ。主賓の小田部羊一さん、監督だった高畑勲さん主宰したアニドウの並木君、イラン・グエン君、写真家の南正時さんも懐かしい。AJA理事長の石川和子さん、旧理事の松谷さん(手塚プロ社長)にも出会えた。


2016年11月24日木曜日

『パーツ講座』の第3弾、開催 です!


「誤植ではありません! 」でおなじみ、『パーツ講座』の第3弾、開催
です!

絵を描くためには、その対象がどういう構造であるのかを理解し、頭の中で
再構築することが肝要です。
『パーツ講座』は普段見慣れているはずなのに、いざ描こうと思うと巧く
描けない、人体をパーツごとにスポットを当て、じっくり向き合って
みようという講座です。

2016年11月23日水曜日

「神志那弘志の 実践パース講座「特別編」西村聡の演出講座」アフターレポート

2016年9月25日(日)に東京工芸大学中野キャンパス2号館にて「神志那弘志の実践パース講座「特別編」西村聡の演出講座」が開催されました。

受付開始の11時30分頃から受講者が徐々に集まり始め、大きな混雑もなく、スムーズに会場入りが進みます。
今回も多くの方々が講座に足を運んで下さいました。

冒頭、神志那弘志氏より挨拶、注意事項などのアナウンスがあった後、今回のゲスト講師である西村聡氏にバトンが渡され、あにれく主催の第1回「演出講座」がスタートしました。








2016年10月27日木曜日

名作アニメの舞台裏 第1回【フランダースの犬】開催延期のお知らせとお詫びの件

先日沢山の方にお申込みを頂き
平成28年11月3日(祝)に開催を予定しておりました
「名作アニメの舞台裏 第1回【フランダースの犬】」
今回は諸般の事情により開催延期となりました事をご連絡いたします。

この度は突然のお知らせで準備を進めておりました私共も非常に残念でもあり
なにより楽しみにして頂いた方々には大変申し訳ございません。
なお、参加希望者の方々には別途メールにて延期等詳細のご連絡をご案内致しますので
今しばらくお待ち頂けますと有り難いと思います。

このようなご連絡となってしまい、深くお詫びを申し上げます。

平成28年10月28日
【あにれく】

2016年8月16日火曜日

【神志那弘志のパース講座「特別編」演出講座】 開催のお知らせ(終了致しました)

「演出」って何だろう?

普段アニメを見ていて「作画」や「シナリオ」の善し悪しは分かるけど、「演出」となると今ひとつピンと来ない、なんていう人は案外多いのではないでしょうか。

「なぜ、ここでこのカットが必要なんだろう?」「なぜ、この場面、こんなレイアウトなんだろう?」「ここでこのキャラクターにカメラを振る意味は?」などなど、見ているアニメの「演出」について考え出すと「なぜ?」ばかりが浮かびます。
そんな貴方の疑問にお答えしましょう。

今回のあにれく講座は、 【神志那弘志のパース講座「特別編」】として【演出講座】を行います!
ゲスト講師として、『はじめの一歩』や『TRIGUN』など国内外でも評価の高い作品を手がけ、先日大好評のうちに『うしおととら』が終了したばかりの西村聡監督をお招きし、ご自身の「演出論」を存分に語っていただきます。


2016年7月17日日曜日

あにれくのあぶく:古墳・遺跡の楽しみ方 その4(宮崎 江田神社) 前渋

前渋です。

第3回は淡路島のイザナギ、イザナミの国産み神話にまつわる地を紹介しました。
今回は国産み・神産み神話のラストにまつわる地を紹介します。

協力して多くの神々を生むイザナギ、イザナミですが、その中で火の神であるカグヅチを産みます。
そして、カグヅチの火によって火傷を負い、イザナミは死んでしまいます。


2016年7月6日水曜日

神志那弘志の実践パーツ講座 第2回 腕編 アフターレポート

2016年6月26日(日)に東京工芸大学中野キャンパス2号館にて「神志那弘志の実践パーツ講座 第2回 腕編」が開催されました。

梅雨時ということもあり、天候が心配されたのですが当日は快晴となり講座日和となりました。12時開始という普段の講座よりも早めの開催にもかかわらず、出席率も非常に高く
93名もの多くの方々が講座に足を運んで下さいました。